ワイナート 2021年1月号 第101号 | 株式会社美術出版社|アートを社会に実装させる

未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命-人は明日どう生きるのか

最先端テクノロジーとその影響を受けて生まれた作品を通して、社会や人間のあり方を考える展覧会の公式図録。

豊かさとは何か、人間とは何か、生命とは何かという根源的な問いにつながる一冊。


本書は、「都市の新たな可能性」「ネオ・メタボリズム建築へ」「ライフスタイルとデザインの革新」「身体の拡張と倫理」「変容する社会と人間」の5つのセクションで構成され、50を超える作家、100点を超えるプロジェクトや作品を紹介。AI、バイオ技術、ロボット工学、AR(拡張現実)など最先端のテクノロジーとその影響を受けて生まれたアート、デザイン、建築を通して、近未来の都市、環境問題からライフスタイル、そして社会や人間のあり方を考える。展覧会に出品される新作等、インスタレーションヴューを含む新撮画像を豊富に掲載しているほか、五十嵐太郎、久保田晃弘、ケイト・クロフォードなど国内外の執筆者6名の論考を収録している。

 

【展覧会情報】

未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか
会期:2019年11月19日(火)~2020年3月29日(日)
会場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)

【インフォメーション】

発売日
2020.01.17
著者
森美術館(監修)
造本・体裁
A4変形
ページ数
280
ISBN/商品コード
978-4568105230
定価
3,200円+税

アートで社会の課題解決したい、展示を企画したい、ワインに関わるイベントをしたい、
書籍を出版したい、メディアに広告を出稿したい……。
アートとワインを軸とした事業のご相談を、課題の発掘から承ります。

Contact

最新の出版物

Related Publications

Read more