西洋美術史 美術出版ライブラリー 歴史編 | 株式会社美術出版社|アートを社会に実装させる

西洋美術史 美術出版ライブラリー 歴史編

古代から現代アートまで、
通史とポイントがすぐに分かる、
「西洋美術史」の決定版が登場!

第一線の研究者による、 最新の西洋美術史!

古代から20世紀後半まで、全11章で構成。

700点以上の豊富なビジュアルとともに、
オールカラーで分かりやすく読みやすい、
西洋美術を学ぶ人やさらに知識を深めたい人に最良の一冊。

本書は数々の美術系大学で教科書にも採用されている『ライブラリー 日本美術史』のシリーズ第二弾。圧倒的な歴史のボリュームをこの1冊で学べる、待望シリーズから登場します。

本書の特徴は、重要項目を見開きごとに掲載し、そのポイントがひと目でわかる構成です。どの頁からも読み始められるレイアウトで、これから美術を学ぶ人にも、さらに知識を深めたい人にも使いやすい内容となっています。

執筆者は第一線で活躍する研究者11名。最新の視点から、いま私たちが学ぶべきポイントを、分かりやすく解説します。


高階秀爾氏推薦!

美術とは一面、美の技術である。そのことは建築を見ればよくわかる。神に献げられたゴシック聖堂は、同時に土木工事や石組の技術の成果である。そのことは彫刻や絵画においても変わらない。端整な聖母像も、風景画や静物画も、画家の技術に支えられていなければ生まれない。西洋美術史の豊かな案内書である本書も、執筆者の徹底した知的探求の成果に裏付けられているからこそ、充分に信頼のおけるものとなっている。ぜひ机上に備えておきたい。 

高階秀爾(大原美術館館長、東京大学名誉教授)


<目次>

1章…古代I 「美術」の原点

2章…古代II  ギリシア・ローマ

3章…中世I  ビザンティン、西欧初期中世

4章…中世II  ロマネスク、ゴシック

5章…15-16世紀I  イタリア・ルネサンス

6章…15-16世紀II  アルプス以北のルネサンス

7章…17-18世紀  バロック、ロココ

8章…19世紀前半  新古典主義、ロマン主義、レアリスム

9章…19世紀後半  印象主義、象徴主義、ポスト印象主義

10章…20世紀前半  モダニズムをめぐる葛藤

11章…20世紀後半以降  多様性と越境性

【インフォメーション】

発売日
2021.12.21
著者
秋山聰・田中正之 監修
造本・体裁
B5判
ページ数
432
ISBN/商品コード
978-4568389081
定価
3,800円+税

アートで社会の課題解決したい、展示を企画したい、ワインに関わるイベントをしたい、
書籍を出版したい、メディアに広告を出稿したい……。
アートとワインを軸とした事業のご相談を、課題の発掘から承ります。

Contact

最新の出版物

Related Publications

Read more