『TOKYO ARTRIP 喫茶店 COFFEE SHOPS』刊行記念イベント 「『ミカド珈琲』に学ぶ美味しいコーヒーの淹れ方、愉しみ方」開催! | 株式会社美術出版社|アートを社会に実装させる
  • 美術出版社

ARTの出版社から、ARTで動かす会社へ! 美術出版社が生まれ変わります。

ARTの出版社から、ARTで動かす会社へ! 美術出版社が生まれ変わります カルチュア・エンタテインメントをスポンサーに迎え、 8 月1日より始動

各位

株式会社美術出版社(本社:東京都千代田区、以下:美術出版)は、蔦屋書店やTSUTAYAの企画・FC展開事業、Tポイントによるデータベースマーケティング事業などを行うカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(本社:東京都渋谷区、以下:CCC)のグループ会社である、カルチュア・エンタテインメント株式会社(本社:東京都渋谷区、以下:C&E)をスポンサーに迎え、8月1日より新体制となります。『美術手帖』などアートを中心とした雑誌・書籍の出版や関連事業を扱ってきた美術出版は、刷新にあたり「ARTの出版社から、ARTで動かす会社へ」をステイトメントに掲げ、CCCグループのリソースと協働した多角的な展開を目指してまいります。

 

「ARTの出版社から、ARTで動かす会社へ」
美術出版社は、美術館やギャラリー、文化事業を行う企業を主とする取引先企業の多様化するニーズに応えるため、ARTを媒介としたソリューションを、お客様の課題に応じて企画する、提案型企業になることを宣言します。

【今後の広がりについて】
美術出版社は、今後、これまでの出版事業、編集・制作事業を軸としながら、蔦屋書店をはじめ、TSUTAYA店舗との協働によるイベント開催、Tポイントのデータベースを活用したマーケティング・サービスなど、CCCグループのリソースとの連携をおこなっていきます。
また、ART をあつかう企画・提案型企業としての事業領域を広げるため、他業種との業務提携も予定しています。

【CCCおよびカルチュア・エンタテインメントについて】
カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は生活提案プラットフォームの企画・インキュベーション事業を中心に、代官山蔦屋書店をはじめ、T?SITEや蔦屋家電、TSUTAYAの企画並びにFC事業や、Tポイントを活用したデータベースマーケティング事業、ネットを統括する事業、エンタテインメント分野のSPA事業など、ライフスタイルの提案などを行う4事業会社によるホールディングカンパニーです。
今回美術出版社のスポンサーとなったカルチュア・エンタテインメント株式会社は、出版や映像、音楽などエンタテインメント分野における企画・制作を事業としています。
主なグループ会社には、雑誌『Pen』や『Newsweek』を扱うCCCメディアハウス、映画の企画・制作を行うC&Iエンタテインメントなどが並びます。

【会社概要】
商号:株式会社美術出版社 BIJUTSU SHUPPAN-SHA CO., LTD.
本社所在地:〒102-8026 東京都千代田区五番町4-5 五番町コスモビル2階
設立:2015年5月25日
代表者:代表取締役社長 中西一雄
資本金:10,000,000円

【役員構成】
取締役会長:井上智治
代表取締役社長:中西一雄
取締役:田島直行
取締役:遠山孝之
監査役:松岡美奈子
執行役員:岩渕貞哉

事業の柱──
「つたえる」「つくる」「つなげる」 具体的な業務展開としては、事業を「つたえる」「つくる」「つなげる」に区分けする。
取引先企業のニーズに合わせて、柔軟に事業の選択・組み合わせを提案することで、お客様の課題解決を図っていきます。

事業概要──
詳しくはこちらをご確認ください。

アートで社会の課題解決したい、展示を企画したい、ワインに関わるイベントをしたい、
書籍を出版したい、メディアに広告を出稿したい……。
アートとワインを軸とした事業のご相談を、課題の発掘から承ります。

Contact

最新の投稿

Related Posts

Read more