ワイナート2021年10月号 106号 | 株式会社美術出版社|アートを社会に実装させる

ワイナート2021年10月号 106号

特集「日本ワイン〜各地で芽生える新たなる息吹〜」

本誌が「ワイン産地日本」と題し、日本ワインを特集したのが2010年。
当時の特集では北海道から九州まで、11人の造り手が登場した。
あれから約10年の月日が流れ、日本各地ではまるで新しい息吹が沸き上がるかのように、新たな造り手たちが現れている。
今号では、北海道から九州に至るまで若き、あるいは新しい造り手たち、総勢47人の新時代のヴィニュロンのたどってきた道、人となり、そしてワイン造りを現地取材を交え巻頭にて特集する。

さらにワイン愛好家なら嗜みを知っておきたい「食後酒」企画も掲載。

【巻頭特集
▶︎日本ワイン 新世代のヴィニュロン
 各地で芽生える新たな息吹


▽新世代のヴィニュロンの誕生と日本ワインを取り巻く環境の変化

 上田大輔/浦本忠幸/山田雄一郎/波田野信孝/
 波田野信孝/田口航/曽我暢有/丹澤史子/
 木谷一登/齋藤聡

▽造り手の卵をサポート、委託醸造と研修制度
▽千曲川ワインアカデミーの卒業生の動向は

▽これからの活躍に目が離せない!造り手たち38名

▽実力派生産者12名が語る日本ワインのあるべき姿とは

▼ブランド誕生20周年
 マンズワインの誇り、ソラリスのあくなき挑戦

▼歴史あるワイナリーを支える若き力
 登美の丘のレガシーを受け継ぐ 頼もしい担い手たち
 勝沼の伝統 岩崎醸造の新プロジェクト

▼心も体もリフレッシュ!癒やしの島根ワインツーリズム

【特別企画】
▶︎知っておくべき食後酒の愉しみ
 ディナーを至高の夜にする「最後の一杯」


▽舌と心を満たす締めの一杯、食後酒の愉しみ方を心得る
 アサヒナガストロノーム/イル バロンドーロ/バー オーディン

▼イタリア食後酒の定番 ヴェッキオ・アマーロ・デル・カーポ

▼「ワインのある丁寧なくらし」必需品
 いまだからこそ、お家ごはんとさまざまなワインのマリアージュ
 Pulltex/アンチ・オックス シャンパン

▼おうち時間に彩りを添える 秋の三越伊勢丹リカーセレクション

▼時を超えて輝く「無限」
 フランスの高貴なる食卓芸術とレア・シャンパーニュ2008

▼名門ブランドが復活!古くて新しい王道バローロ
 ミラフィオーレ

▼ワインボトルに表れるE.ギガルのこだわり
 アーティストがボトルの中に見たローヌ渓谷を吹き抜ける風

▼秋のおすすめ&新商品 ワインカタログ
 “クマロ“コーネロ・リゼルヴァ 2016/ウマニ・ロンキ
 フィリップ 2016/マッツェイ
 “フォーコアレッグロ“ヴェスヴィオ 2019/カーザ・セロタ
 ゲルブラック トロッケン 2020/シュロス・ヨハニスベルグ
 カナ 2020/セッテマッジオ
 ジャパンプレミアム かみのやま産メルロ 2017/サントリーワインインターナショナル
 ソラリス ル・シエル 2020/マンズワイン

【巻頭グラビア】
▽今号のワイン/ドメーヌ・ド・ロン ダイ & ド モンティーユ&北海道
▽今号の人/クリストフ・ダヴォワンヌ
▽今号のレストラン/鮨 東京 よし田

【カラー連載】
▽ゼロから挑むシードル造り 第22回 山田マミ
 〜「売れるシードル」を設計するための道場めぐり その1〜
▽写真を撮るとはカメラよりも見るのが仕事
 第2回  写真家 木村文吾
▽パンとワインの美味しい関係
 第42回 インジュラ 大和田聡子
▽読者プレゼント&次号予告

【モノクロ連載】
▽造り手を変えた1本 第47回  オーパス・ワン 2003
 今回の造り手・松田旬一(高畠ワイナリー)
▽飲み手と造り手のためのワイン法講座 第18回 海老原健介
 3地域のGI指定のインパクト
▽a story 〜人とワイン。たったひとつの物語が始まる
 第1回 岩崎優子×秋山まりえ
▽ワインラバーのためのWINE CULTURE REVIEW
 BOOK 立花峰夫 /酔っぱらいが変えた世界史−アレクサンドロス大王からエリツィンまで
 MOVIE 相田冬二 /その日、カレーライスができるまで
▽自宅でもワインライフを楽しめる
▽ワインイベント&お得サービス掲示板
▽ショップ・リスト
▽インフォメーション
▽ショップ発イチオシ情報
 東京:フランスワイン専門店 ラ・ヴィネ
 福岡:il Sapore イル サポーレ

【レポート】
▽土壌が決め手 ボルドー・プリムール2020
▽アルザスと世界をウェブでつないだ
 ミレジム・アルザス デジテイスティング
▽コロナ禍における異例の開催
 第9回グルナッシュ・デュ・モンドヨーロッパ 4産地にて開催
▽テロワールワインへ キャンティが目指す未来
▽クストーザDOC昇格50年の歩み
町おこしを目指して ワインツーリズムが熱い富山・石川エリア

【ワイナート ワインガイド】
▽ワイナートワインガイド
▽生産者インタビュー
▽セミナー&試飲会テイスティング
▽今号のコメンテータ

※掲載のワインの価格は、基本的には税込み価格です。

======================================================
< お詫びと修正 >
ワイナート2021年10月号 106号の以下のページにて誤りがございましたので、下記のとおり修正をいたします。

P.003 波多野信孝さまの名字の漢字
誤)波多野 → 正)波田野

P.014 南向醸造 曽我暢有さまの氏名
誤)上田大輔 → 正)曽我暢有

P.021 栗澤ワインズ・Kondo ヴィンヤードのワイナリー名
誤)栗澤ワインズ・Kondo ヴィンヤード タカヒコ
→正)栗澤ワインズ・Kondo ヴィンヤード

P.033 地名の漢字表記
誤)茨木件 → 正)茨城県

P.055 ホテル名
誤)石見ワイナリーホテル三郷 → 正)石見ワイナリーホテル美郷

P.105 EVENT1「SWEET SENSATION WEEKDAY」の開催会場
誤)「ラウンジ&バー ホライゾン」→ 正)「レストラン シンフォニー」

P.115 協力社一覧
追加)bodegas pepito/www.bodegaspepitotokyo.com/
   bodegaspepito@icloud.com

P.007(逆引き)モアナ・パーク・エステート・ワイナリーの品種表記
誤)メルロ カベルネ・フラン → 正)メルロー カベルネ・フラン

読者のみなさま、ならびに関係者のみなさまにご迷惑をおかけしましたこと、お詫び申し上げます。

【インフォメーション】

発売日
2021.09.03
著者
ワイナート編集部
造本・体裁
A4
ページ数
136
ISBN/商品コード
4910098531019
定価
1800円+税

アートで社会の課題解決したい、展示を企画したい、ワインに関わるイベントをしたい、
書籍を出版したい、メディアに広告を出稿したい……。
アートとワインを軸とした事業のご相談を、課題の発掘から承ります。

Contact

最新の出版物

Related Publications

Read more