美術手帖2020年10月号 | 株式会社美術出版社|アートを社会に実装させる

美術手帖2020年2月号

特集
アニメーションの創造力

およそ100年の歴史を持つ日本のアニメーション史のなかで、
2010年代はひとつの転換期と言えるだろう。
特にこの数年、デジタル技術や鑑賞環境の変化による、
作品制作のシステムやコンテンツの革新が起きつつある。
本特集では、そうした動きを支える現場のつくり手と作品にスポットを当て、
新たな技術を駆使しながら、いかにして表現の飛躍が生み出されているのか、
またそこにどんな理念があるのか、創作の原点に迫りたい。

監修=土居伸彰、高瀬康司

SPECIAL FEATURE
アニメーションの創造力
2010年代のアニメ史における革新とは何か?

PART1
10年代の表現はどう変化したか?

片渕須直 スペシャルインタビュー

土居伸彰×高瀬康司×石岡良治
2010年代、日本アニメから眺める世界のアニメーションとは

ジェレミー・クラパン/ドン・ハーツフェルト/たつき
 

PART2
革新を支える制作技術

磯光雄×山下清悟
アニメーション表現を切り開く技法

『Fate/Grand Order』配信4周年記念映像にみる表現の最前線
榎戸駿/坂詰嵩仁/脇顯太朗/川上雄介

論考:とある世界の動態を浮かび上がらせる立体的なイメージ
土居伸彰=文
 

PART3
拡張・越境する次世代クリエイター

AC部/久野遥子×冠木佐和子/岩井澤健治/
ミヒャエル・フライ/ギンツ・ジルバロディス

岩井俊二インタビュー
実写と「絵」としてのアニメの関係

梅沢和木インタビュー
アニメのキャラクターを作品化する
 

PART4
環境と構造

布川ゆうじ×柳川あかり
社会現象化する女性向けアニメーションの市場戦略

海外事例から考えるアニメーションの産業構造
エマニュエル=アラン・レナール/ゲルベン・シェルメル

トーマス・ラマール インタビュー
『アニメ・エコロジー』からみる日本メディア論

 

第2特集
ダナ・ハラウェイ
序論:いま、なぜ、ハラウェイなのか? 高橋さきの=文
ダナ・ハラウェイを読み解く7つのキーワード
アーティストが語る作品とハラウェイ
AKI INOMATA×港千尋/細倉真弓/アド・ミノリーティ
論考:サイボーグ・複数種・堆肥体
ダナ・ハラウェイによるコンタクト・ゾーンの拡張
石倉敏明=文

ARTIST PICK UP
梅田哲也/ルアンルパ

WORLD NEWS
New York /London /Reggio Emilia /Los Angeles /Curitiba /
Art Scene /Insight

ARTIST INTERVIEW
目[mé]
星野太=聞き手

SPECIAL ESSAY
メディウムとしての批評(的な)
大岩雄典=文

REVIEWS
「想起の力で未来を:メタル・サイレンス2019」展
椹木野衣=文

「岡山芸術交流2019」+グレゴール・シュナイダー
清水穣=文

【付録】伊勢市 アーティスト・イン・レジデンス レポート

【インフォメーション】

発売日
2020.01.07
著者
美術手帖編集部
造本・体裁
A5判変型
ページ数
238
ISBN/商品コード
4910076110205
定価
1600+税

アートで社会の課題解決したい、展示を企画したい、ワインに関わるイベントをしたい、
書籍を出版したい、メディアに広告を出稿したい……。
アートとワインを軸とした事業のご相談を、課題の発掘から承ります。

Contact

最新の出版物

Related Publications

Read more