ワイナート 2021年1月号 第101号 | 株式会社美術出版社|アートを社会に実装させる

根本敬ゲルニカ計画

特殊漫画家・根本敬の巨大絵画完成までを追うルポルタージュマンガ。
 
雑誌『美術手帖』の連載がコミックになって登場。

ピカソの《ゲルニカ》サイズの絵を描くため、真っ白なキャンバスに立ち向かった根本を、漫画家のニコ・ニコルソンが追いかけた。

「ゲルニカ計画」とは、特殊漫画家・根本敬が“個⼈の意思を超えた⼤きな何かに突き動かされて”、ピカソの《ゲルニカ》サイズ(349×777cm)の絵画を描くプロジェクトであり、現代美術家・会田誠が画材アドバイザーを務めた。

本書は、『ナガサレール イエタテール』(太田出版)などで知られる漫画家ニコ・ニコルソンが、根本が絵を完成させるまでを追うルポルタージュである。

連載全12話に加え、巨大絵画ができるまでを追ったドキュメントフォト(撮影・江森康之)、スペイン美術研究者・松⽥健児による論考、ニコ・ニコルソンによる単行本限定の描き下ろしマンガを掲載。会田誠による表現と技法の実践的アドバイスは、アーティストを目指す人も必見。

 

【電子書籍版】
Kindle版

honto 電子書籍ストア

紀伊國屋書店 電子書籍ストア

【インフォメーション】

発売日
2019.10.03
著者
ニコ・ニコルソン
造本・体裁
A5変形版
ページ数
120
ISBN/商品コード
978-4568431155
定価
1500円+税

【著者プロフィール】

ニコ・ニコルソン

漫画家。2008年にエッセイコミック『上京さん』(ソニー・マガジンズ)でデビュー。自身と家族の東日本大震災からの復興を描いたエッセイコミック『ナガサレール イエタテール』(太田出版)は第16回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品に選ばれた。そのほかの著書に『わたしのお婆ちゃん 認知症の祖母との暮らし』(講談社)、『アルキメデスのお風呂』(KADOKAWA)など。

アートで社会の課題解決したい、展示を企画したい、ワインに関わるイベントをしたい、
書籍を出版したい、メディアに広告を出稿したい……。
アートとワインを軸とした事業のご相談を、課題の発掘から承ります。

Contact

最新の出版物

Related Publications

Read more