ワイナート 2021年1月号 第101号 | 株式会社美術出版社|アートを社会に実装させる

ひらく日本のモノづくり The Future of Japanese Crafts : NEW TAKUMI

LEXUSが主宰する「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」。2019年度の匠たちの軌跡を記録したビジュアルブック「ひらく日本のモノづくり The Future of Japanese Crafts : NEW TAKUMI」を美術出版社が制作しました。

日本のモノづくりと感性、美意識を進化させる「若き匠」たちの挑戦

作家、職人、デザイナーと立場は異なっても、伝統工芸や地場産業を引き継ぎ、日々研鑽を重ねる「若き匠」たちが日本全国にいる。「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」はこうした彼ら、彼女らを応援し、新しいモノづくりを行うプロジェクトである。本プロジェクト3年目となる2018年、全国47都道府県から集められた50名の匠たちは、小山薫堂(放送作家・プロデューサー)、生駒芳子(ファッション・ジャーナリスト、アート・プロデューサー)、下川一哉(デザインプロデューサー)、川又俊明(クリエイティブプロデューサー)らサポートメンバーらの助言を受けながら、試行錯誤のすえ1年がかりでプロダクトを完成させた。
日本全国47都道府県の伝統工芸に触れながら、各県の匠たちの新しいモノづくりへの挑戦を豊富なビジュアルとともに紹介した一冊。
全ページバイリンガル(日・英)

 

【インフォメーション】

発売日
2019.06.17
著者
監修=LEXUS NEW TAKUMI PROJECT、下川一哉
造本・体裁
単行本、サイズ210mm×210mm
ページ数
240
ISBN/商品コード
978-4-568-50642-6 C0070
定価
4212円(3900円+税)

アートで社会の課題解決したい、展示を企画したい、ワインに関わるイベントをしたい、
書籍を出版したい、メディアに広告を出稿したい……。
アートとワインを軸とした事業のご相談を、課題の発掘から承ります。

Contact

最新の出版物

Related Publications

Read more